So-net無料ブログ作成

妊活(不妊治療)と仕事についてのその後。 [妊活]

※この記事は「アラサーOLの仕事と家庭と株主優待+あるふぁ」から引っ越してきた記事です。



あれからずっとクリニック通いを続けています。

プロラクチンを下げる薬を飲みながら、

注射(FSHとか)も打たれながら、

いわゆるタイミング法を継続中。

前回の記事でも触れていますが、

仕事と妊活(通院)の両立が難しく、

これからどうするのか、

旦那と相談しながらしばらく悩みました。



タイミングを取るべき排卵日付近に出張だったり、

次回の通院を指定された日が出張でダメになったり、

「次の生理が始まったらすぐ来て」と言われても

(基礎体温はつけていますが)生理の予定が読めないため、

突然会社を半休することになったり。

それで今度は仕事がさばききれなくて残業で埋めて、疲れ切る。

ストレスで卵胞の成長が止まったり、余計に周期が乱れる。

完全に悪循環。



会社では、不妊治療のことは誰にも話していませんでした。

なので仕事を休むときも理由ははっきり言えず

「病院に寄ってから会社に行きますので…」と伝えたり。

それはそれで、逆に心配されましたけどね[あせあせ(飛び散る汗)]



しばらくそんな感じで続けていましたが、

何も対策を打たなければ状況が好転するわけもなく。

旦那とよくよく話し合った結果、

やっぱり今の仕事は辞めて、

しばらくは妊活優先で過ごそう、

ということになりました。



退職となると早めに会社に伝えないといけないので、

その後、すぐに上司に事情を話しました。すると、

そうか…大変だったんだね、今まで悩んで辛かったね、

といった後に、予想外の提案が。

「そういうことだったら、休職というのではどうか」

というのです。

上司は非常に親身になって私のことを考えてくれ、

今後のキャリアのためにも、

退職はしない方がいいのではないか。

(上司としても)あなたには会社に残って欲しい。

そんな内容の話をされたと記憶しています。

でも、社内規定を調べても不妊治療で休職できるなんて

どこにも書いていなかったはず。

ネット(知恵袋とか)で色々調べても、

「不妊治療で休職なんて聞いたことが無い」みたいな反応ばかり。

色々な可能性を探る中で、

休職は無理そうだなと判断していたのです。



結論から言うと、その後色々ありまして、

会社の規定が変更されました。

不妊治療に専念するために休職できることが明記されたのです。

私は正式に休職することが決定しました。

休職は有給休暇を使った後になるので、

今はまだ有給消化中ですが、

すでに会社を休んで不妊治療に専念しております。



そして会社を休むにあたり、

身近なメンバーには包み隠さず話をしたのですが、

思ったより理解を示してくれる人が多くて、

すごく安心しました。

実は自分の妻・友人・身内が通っていて…

自分もなかなかできなくて、通おうと思った時期があって…

だからその気持ちや大変さは分かるよ、

という方が何人もいて。

中には、

実は私も通院を考えていて詳しく話をきかせて欲しい、

という方まで。



そんな感じで職場の方には暖かく送り出していただき、

仕事のストレスからも開放されたおかげか、

今周期は卵胞の育ちもよく、かなり順調です。

実は会社休んだら意外とすぐにできたりして?

なんて淡い期待をしてみたり。



ただひとつ心配ごとが。

最近になってもう一度フーナー検査をしたのですが、

もしかすると精子の方に問題がある可能性も出てきて、

今度詳しい検査をしましょうと言われたのです。

なので近々、精液検査の予定です。

またしばらくしたら、その後のことを書きたいと思います。



コウノトリさん、早く赤ちゃん連れてきてね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。